創業者の谷田利景は脱サラ後、ニッカウヰスキー特約店の酒場「ニッカバー」の経営をはじめる。

当時輸入解禁前のため、カクテルに使う生レモンが高く、ウイスキーよりカクテルのメニューの方が高かった。そのため、カクテル用に合成レモンを開発、自身の経営する店でカクテルに使ったことが評判となり、ニッカバーにレモン飲料を納入したのが創業となった。この時ニッカバーから名前を借りて、「ニッカレモン」という社名とした(ただし、ニッカとの資本関係はなかった)。

その後、ニッカ関係以外にも取引が広がったことから社名を変更することになり、当時流行していたニッカーボッカーから濁音を半濁音にした「ポッカ」という語がつくられた。「ニッカ」に似た語であることも、社名決定の理由になった。

ポッカサッポロフード&ビバレッジ - Wikipedia (via fialux)

(via fialux)

下部組織からコンサドーレ札幌に上がってくるところから彼のプレーを追い掛けてきた身としては、歓びもひとしお。
やっぱり「うちの選手」が代表でゴールを決めて勝利するというのは、普通の勝ちとは全く違う意味合いを持つなと実感しました。何年もずっと、自分のクラブの選手が出るアンダー世代の国際大会に海外まで応援に駆けつけてきたことが報われた瞬間というか。
そういう現場に立ち会えたのは本当に貴重で、格別でした。ずっと追い掛けてきて本当に良かったなと。
【初体験】「うちの選手」が日本代表でゴールを決める歓び (via do-nothing)

(via do-nothing)

齊藤(下音更中)が日本選抜候補に 女子サッカー|WEB TOKACHI-十勝毎日新聞

齊藤は身長153センチ。体幹の強さを生かした体力、スピードを持ち味とする。下音更中で指導する尾見俊昌コーチは「女子ではずぬけた力を持っている。サッカーを理解する能力も優れている」と評する。齊藤も「当たり負けしないのと、裏に抜け出すスピードが持ち味」と自賛する。

齊藤(下音更中)が日本選抜候補に 女子サッカー|WEB TOKACHI-十勝毎日新聞

齊藤は身長153センチ。体幹の強さを生かした体力、スピードを持ち味とする。下音更中で指導する尾見俊昌コーチは「女子ではずぬけた力を持っている。サッカーを理解する能力も優れている」と評する。齊藤も「当たり負けしないのと、裏に抜け出すスピードが持ち味」と自賛する。

もういないtumblistaの名前が
dsbdの中に生き続けている
(via petapeta)
machikomum:

Amazonからの贈り物よ

machikomum:

Amazonからの贈り物よ

サッカーの栃木SC、そういう要素が入ることで見方が変わるんだなって思ったのが、Jリーグは3年連続で赤字決算になったチームはもう資格停止、解散になるの(※注:解散ではありません)。年間のトータルで赤字ってことになったら、もう終わりですって。で、栃木SCは赤字続きの3年目。J2のチームなんだけど、いろんなチームがすごいお金を節約してやってると。お金をめちゃくちゃ節約してて。ホントに?と思うんだけど、地方遠征行くときにサブメンバーを本来7人入れられるところを、宿泊費とか調整するために、5人にしたりするらしいんだよ。そんななの?って思って。で、俺冗談でアパ(ホテル)の社長がなんとかしてやればいいんじゃねーかって思ったら、アパはアパでチームがあるんだよね。アパはJ3のチームを主宰しているから、もうやってんだと。だからそういうことやるんだ、って思って。
じゃあつまんないかと言うとそうじゃないなと思うのが、結局J2は勝って上位に入らないとJ1の下位との入れ替え戦になったりとか(※注:J1/J2の入れ替え戦はありません)、無条件入れ替えだったりとか、その逆にJ3ってのもあるから、ビリの方だったら下と入れ替わりとかあるんだけど、その栃木SCが本当に財政的にきついから、今年はもうJ1に行こうって目標じゃないんです。J3に落ちないまま、黒字にしてチームを存続させるっていうことを宣言してやってるから、それをわかってサッカー観てる人の“ガンバレ度合い”ってのが俺からしたらすごく興味深くて、どのチームもお金のことや選手のことで困ってるから。
すごく分かりやすいのが、FWの一番点を獲ってる選手(※注:FW瀬沼優司)がレンタル移籍。よそのチームが「一応うちのチームだと余ってるけどお宅のチームだと必要になるからいくらで貸しますよ」ってことで、そいつが大活躍でチームを引っ張るんだけど、そのもともと貸してたチームが怪我人が出てきた上に、そいつが点獲ればとるほど成長するから、やっぱ返してってなっちゃった(笑)。「えええ~~~、ソフトは借りたけど専用コントローラーは買っちゃったんだけど」みたいな。いま返すの?みたいな。で、守りの要の奴(注:MFドゥドゥ)がもっとややこしくて、元のチームが貸してくれて、元のチームでは相変わらず余ってる選手だったんだけど、他のチームが「あいつにいくらで貸してるんだったら、うちもうちょっと出すから貸して」って。「じゃ、ゴメーン」みたいな。いやいや守備の要なんだし、お前使わないでしょっつったら「いやいや、うちは使わないけどお前より高く借りてくれるから」って、みたいなやり取りがあったりとか。
更に言えば、栃木SCは下位だけど降格圏からはなんとか逃れてて、あとは赤字がどうなる?って状況らしいのね。どのチームも逼迫してるから募金をやったりしてるんだけど、そんな中で来季の展望となると、サッカー通の人に言わせると、今度J2からJ1に行きそうな松本山雅っていうチームは、いま昇格しそうで、お客さんが多くて人気があるので資金力に少し余裕がある。となるとJ1に上がったら選手を補強する。そうなると、新たに選手補強したら使わなくなるけどJ2では絶対使いたいという選手が出てくるから、山雅が上に行ったら狙い目の選手がいるんだってこと。サッカー通同士で話すとちゃんとそれが見えている。で、俺思うんだけど、もう(サッカーくじの)BIG当たったらやることひとつだよなって(笑)。
タレントの伊集院光さんがラジオで栃木SC&J2リーグを話題に (via do-nothing)

(via petapeta)

新監督にメンバーに選ばれて安心したのか、苦手なことばかりトレーニングさせられて疲れたのか知らないが、こんな腑の抜けた試合を繰り返すことは許されない。もう一度やったら、それは終焉と同じ意味を持つことになる。

 トレーニングを見る限り、バルバリッチの組んだメニューはこのチームが抱え続けている甘さを、反論の余地がないほど、残酷なまでの正確さで抉り出している。つまり、できなければ選手の責任、ということだ。もう逃げ道はない。

2014J2#31 岐阜1-1札幌@長良川競技場: 宇宙開発FC (via do-nothing)
この直後、鈴木と荒野拓馬(札幌)、原川と喜田拓也(横浜FM)を代えた日本は、相手に危ない場面をつくらせることなく試合を終わらせることに成功。
U-21日本代表、アジア大会で好発進 クウェートに4-1快勝 - Goal.com (via do-nothing)

tatsukii:

(via 誰でも背中にジェットパックを付けるだけですごい加速と速度で走れるようにするプロジェクト「4 Minute Mile」 - GIGAZINE)

ジェットを背負って加速する形式なので、装着者の限界を超えて加速したり、長時間速い速度を継続したりすると危なそう。

装着した女性は1マイル(1.6km)走で5’20”が5’02”になったそうな。

"t"のロゴにピリオドはつけないでください。 "tumblr."のロゴにはつける必要があります。
Logo | Tumblr (via bardiche-side-b)

(via dukkha)

ひとは生きるために忘れるのかな。 tumbview

twitter.com/tetsuyay

view archive